MENU
カテゴリーから検索
投稿月から検索
ご自慢の製品、是非レビューさせてください!お問い合わせはこちらから

webカメラ『eMeet C970L』をレビュー!滑らか鮮やか高画質でコスパ最強だと思います!

本記事は旧サイトにて提供をいただいて書いた記事のリライト記事です。

ここ数年で一般的となったテレワーク、web会議。特にzoomなどを使ったビデオミーティングが”日常”になった人も多いと思います。

皆さんはweb会議などを快適に行うためのツールをご存知でしょうか?例えばこのサイトでも紹介した『スピーカーフォン』もその一つです。『スピーカーフォン』は音声の部分でweb会議の快適さを高めてくれます

今回ご紹介する『eMeet C970L』は映像の部分で快適さを高めてくれる『webカメラ』というツールです

webカメラとは

『webカメラ』はweb会議など撮影した映像をインターネット経由でリアルタイムに他の端末に送るためのカメラのことを言います。

具体的に言うとカメラの付いていないパソコンでweb会議するときに映像を映すにはwebカメラが必要になってきます。また、画質の悪いカメラを内蔵しているパソコンなどでも重宝します。

Mr.ガジェット
webカメラとパソコン内蔵カメラでは全然映り方が変わってきますよ!

ということで今回はeMeetのwebカメラ『eMeet C970L』をレビューしていきます。

eMeet C970L
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 解像度、有効画素数が高く、映像がきれい
  • フレームレートも60fpsと滑らか
  • オートフォーカスですぐピントが合う
  • リングライトで対象物を明るく鮮やかに
  • ノイズリダクションマイクでクリアなな音声に
  • プライバシー保護機能が付いている
デメリット
  • 横方向へ動かせない
目次

『eMeet C970L』の基本情報

スペック

スクロールできます
レンズ4層光学ライトLED、3段階調光
解像度1080Pマイクノイズリダクション×2
有効画素数200万画素指向性360度全指向
フレームレート60fpsサイズ 135mm × 83mm × 65.5mm
フォーカスタイプオートフォーカス接続方法USB
視野角75度〜90度ケーブルの長さ1.8m
『eMeet C970L』のスペック

『eMeet C970L』は解像度1080p有効画素数200万画素60fpsとなっています。webカメラは特に映像の繊細さを表す「解像度」「有効画素数」映像の滑らかさを表す「フレームレート」が特に大切です。

webカメラを選ぶときは上の3つを特に意識しましょう。その3つがあまりに低いと期待した役割を果たしてくれない可能性があります。

解像度は720p(HD)や1080p(フルHD)のものが主流ですが、より鮮明に映したいときは1080p(フルHD)のモデルを選ぶべきです。

有効画素数は100万画素以上あればある程度きれいな映像になります。200万画素以上だと細部もはっきりと表示できます。

また、滑らかな動画を撮影するにはフレームレートも大切です。地デジのフレームレートが30fps、普通のスマホのフレームレートが60fpsですので30fpsあれば問題なし。60fpsあればかなり滑らかになりますね。

Mr.ガジェット
『eMeet C970L』は十分基準を満たしていますし滑らかで鮮やかな映像が期待できます。

また、webカメラには大体マイクを搭載しています。よりクリアな音声、良い音質にこだわりたい人は、ノイズキャンセリング機能などが付いたのマイクを搭載した製品を選びましょう。

『eMeet C970L』はノイズリダクションマイクを2つ搭載していますのでクリアな音声が期待できます。

同梱物

『eMeet C970L』の同梱物
『eMeet C970L』の同梱物
  • 本体
  • マニュアル

マニュアルは日本語に対応してました。

外観

『eMeet C970L』の外箱
『eMeet C970L』の外箱
『eMeet C970L』の本体の大きさ
『eMeet C970L』の本体の大きさ(ペンは大きさの目安です)
『eMeet C970L』の本体裏
『eMeet C970L』の本体裏
『eMeet C970L』の本体上から
『eMeet C970L』の本体上から
『eMeet C970L』の本体横から
『eMeet C970L』の本体横から
猫さん
スタイリッシュなデザインでかっこいいですにゃ!

使用感

画質

『eMeet C970L』で撮った写真
『eMeet C970L』で撮った写真
パソコン内蔵カメラ(IdeaPad Slim 350i Chromebook)で撮った写真
パソコン内蔵カメラ(IdeaPad Slim 350i Chromebook)で撮った写真
『eMeet C970L』で撮った写真(寄り)
『eMeet C970L』で撮った写真(寄り)
パソコン内蔵カメラ(IdeaPad Slim 350i Chromebook)で撮った写真(寄り)
パソコン内蔵カメラ(IdeaPad Slim 350i Chromebook)で撮った写真(寄り)

「eMeet C970L」とChromebookで取った写真で取った写真を比べてみましょう。
上の写真たちはほぼ同じ条件で取っています。加工も圧縮もしていません。

比べてみると『eMeet C970L』のほうが明るく鮮明に見えますね。『eMeet C970L』はリングライトがついているので対象物を明るく鮮やかに映してくれます

映像

動画だと写真よりかなり顕著に性能の差が出ます。パソコン内蔵カメラだとざらついた荒い感じの画質になってしまいますが『eMeet C970L』は問題なく細部までしっかり映してくれました。

『eMeet C970L』の方は特にオートフォーカスが素晴らしく、すぐにきれいに対象物にピントを合わしてくれます。

全体的にコントラストが高いので鮮やかな映像になりました。また、『eMeet C970L』はフレームレートが高いので違和感のない滑らかな映像を撮ることができました。

マイク

Google meetに繋いでみて検証してみました。

『eMeet C970L』はノイズリダクションマイクを2つ搭載しています。音質はパソコン内蔵のものと比べると圧倒的に良いです。

ですが以前紹介したスピーカーフォン『eMeet M2』、『eMeet M2 max』などと比べると差は感じます。

上のスピーカーフォンはノイズキャンセリングという雑音を消して話し手の音だけ拾う技術を採用していますが『eMeet C970L』はノイズリダクションという音全体のノイズを消すだけなのでノイズもある程度なくなって音はきれいになりますがノイズキャンセリングほど話し手の声は聞こえやすくなりません

マイクに高いレベルを求めるならスピーカーフォンやマイクを買いましょう。

台座部分

『eMeet C970L』の本体横から
『eMeet C970L』台座
『eMeet C970L』台座(全部起きている)

このように台座部分を起こすことでプライバシー保護機能がオフとなりカメラとマイクがオンになります。

『eMeet C970L』のプライバシー保護機能作動時のパソコンの画面
『eMeet C970L』のプライバシー保護機能作動時のパソコンの画面

上の写真は台座部分を最大まで開いてます。

縦方向へはかなり角度を調節できますが横方向へは全然動かないのでそこは注意が必要です。

まとめ

eMeet C970L
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 解像度、有効画素数が高く、映像がきれい
  • フレームレートも60fpsと滑らか
  • オートフォーカスですぐピントが合う
  • リングライトで対象物を明るく鮮やかに
  • ノイズリダクションマイクでクリアなな音声に
  • プライバシー保護機能が付いている
デメリット
  • 横方向へ動かせない

想像よりパソコン内臓のカメラとの差が大きく個人的に驚きました。画質のザラつき感の違いは特に大きいです。

パソコン内臓のカメラと違ってカメラ自体を取り外したり動かすこともできますからなにか見せたいものがあるときなどパソコン本体を動かさなくても見せることができます。画質も高いのでweb会議などで商材を映したりするときなどに重宝すると思います。

web会議や配信をする方ならこういうwebカメラがあると無いとでは大きな差が生まれるのでは無いでしょうか。

こんな人におすすめ

  • よくweb会議や配信などをする人
  • 明るく鮮やかな映像を撮れるwebカメラが欲しい人
  • 高画質でコスパの良いwebカメラが欲しい人

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • 商品の値段、情報などは記事執筆時点での情報です。
  • この情報が誤っていても当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次