MENU
カテゴリーから検索
投稿月から検索
ご自慢の製品、是非レビューさせてください!お問い合わせはこちらから

ワイヤレススピーカーフォン『eMeet M2 max』をレビュー!大きな会議室でも感度抜群です!

『eMeet M2 max』のイメージ

本記事は旧サイトにて提供をいただいて書いた記事のリライト記事です。

今回は前回ご紹介したワイヤレススピーカーフォン『eMeet M2』の上位機種である『eMeet M2 max』をレビューしていこうと思います。

前回の記事を読んでない人はこちらから↓

ワイヤレススピーカーフォンとは

ワイヤレススピーカーフォンはワイヤレス接続できるスピーカーとマイクが一体になったツールです。スピーカーフォンを使用することで大人数が参加するweb会議でも安定して快適なやり取りがしやすくなります。

テレワークやオンライン会議が広まってきた中でかなり需要が高まってきたガジェットだと個人的には思っています。

マイクやスピーカーを使って代用することもできますが音質や集音を考えるとやはりスピーカーフォンを使うのがベストです。特にパソコン内蔵のマイクやスピーカーだと集音にも限界があるので会議室で大勢を集めて他の会議室とweb会議をする場合などには必須です。

ということで今回はeMeetのワイヤレススピーカーフォン『eMeet M2 max』をご紹介していきます。

eMeet M2 max
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 360度全指向
  • 対応人数がとても多い
  • エコーキャンセリング&ノイズキャンセリングが可能
  • 話し手の方向を自動的に検知してクリアに集音してくれる「位置検出機能」
  • CDと同じぐらい高い解像度の音を出すことができる
デメリット
  • 重くて携帯にはあまり向かない
目次

『eMeet M2 max』の基本情報

スペック

スクロールできます
マイク指向性360度全指向BluetoothバージョンVer5.0
集音範囲最大15人使用可能時間最大12時間
バッテリー仕様2600mAhスピーカー5W 85db
重量615gUSB端子Type C
サイズ188×188×45mmサンプリング周波数48kHz/16-bit
スクロールできます
eMeet M2 maxeMeet M2
指向性

360度集音可能


360度集音可能
対応人数

最大15人


最大8人
音質

かなり良い


良い
音量

5W


3W
ノイズキャンセリング
エコーキャンセリング
重量

615g


290g

『eMeet M2 max』は360度全指向、対応人数は最大15人となっています。スピーカーフォンは音が拾える方向という意味の指向性というと音を拾える範囲を表す集音性が特に大切です。

接続方法は有線、無線に対応しています。しかも有線はAUXとUSBに、無線はBluetooth接続とUSBドングルでのBluetooth接続に対応しています。

特徴としてはeMeet独自の音声信号処理技術VoiceIAエコーキャンセリングノイズキャンセリングが可能です。複数人でも十分聞こえるスピーカー性能と話し手の方向を自動的に検知してクリアに集音してくれる「位置検出機能」でスムーズで快適なやり取りの手助けをしてくれます!

また、サンプリング周波数が48kHz/16-bitとCDと同じぐらい高い解像度の音を出すことができ、『eMeet M2』より音質の点でも上回っています。

ただ高性能な分、重量が大きくなっていて携帯性は『eMeet M2』のほうが優れています。

Mr.ガジェット
性能を取るか、携帯性を取るかですね

同梱物

『eMeet M2 max』の付属品
『eMeet M2 max』の付属品
『eMeet M2 max』のUSBドングル
『eMeet M2 max』のUSBドングル
  • typeCケーブル(3m)
  • USBドングル
  • マニュアル
  • 本体

マニュアル本編は日本語に対応してました。本体の裏にUSBドングルをしまえる賢い作りになっています。

Mr.ガジェット
デザインもカッコいいだけでなく機能性にも優れていることがわかりますね!

外観

『eMeet M2 max』の外箱表
『eMeet M2 max』の外箱表
『eMeet M2 max』の外箱裏
『eMeet M2 max』の外箱裏
『eMeet M2 max』の本体の大きさ
『eMeet M2 max』の本体の大きさ(ペンは大きさの目安です)
『eMeet M2 max』の端子類
『eMeet M2 max』の端子類

使用感

音質、音量について

Google meetに繋いでみて検証してみました。

音質はパソコンのマイクやスピーカーの音とは雲泥の差です。音のクリア感がまるで違います
エコーキャンセリングとノイズキャンセリングの効果はかなりはっきり感じることが出来ます。
話し手の声だけがスッキリと聞こえるので違和感なく集中してweb会議をすることができました。

検証時は6畳の部屋で私一人でしたが、音量は最低音量でもかなり大きい感じでした。最大音量だと近くにいると耳が壊れるくらい大きかったです。音が大きすぎて正直小さな部屋であったり、少ない人数での使用には優れてないと思います。逆に大きな会議室や大人数の使用の場合、かなり重宝すると思います。

また、接続しているパソコンで音量を変えるとそれに伴いスピーカーフォン側もわかりやすく光ってくれるのでしっかり音量を変更できている安心感を感じることができました。

位置検出機能について

『eMeet M2 max』の位置検出機能
『eMeet M2 max』の位置検出機能の反応

話し手に向かってLEDランプが光りました。反応があると誰が話していると認識しているのかわかるので安心感があります。

接続について

有線はAUXとUSBに対応していますがどちらも何も問題なく反応しました。遅延も少なく、特にストレスは感じませんでした。

無線接続はUSBドングルを利用する方法とBluetoothを利用する方法があります。

『eMeet M2 max』のUSBドングル
『eMeet M2 max』のUSBドングル接続

USBドングルでの接続の場合、指しただけで接続が完了していました。USBに差し込むだけですし、非常に簡単でわかりやすいです。

『eMeet M2 max』のBluetooth
『eMeet M2 max』のBluetooth接続

Bluetoothでの接続の場合、最初は『eMeet M2 max』とペアリング設定をしましたが、その後の使用では面倒なことは一切無くすんなりと接続できました。

どちらの接続方法も音質には有線接続とあまり差異はありませんでした。ただ、遅延はやはり有線と比べると若干あります

また、パソコンだけでなくスマホでもBluetooth接続で使うことができました。

前作と比べてみて

スクロールできます
eMeet M2 maxeMeet M2
指向性

360度集音可能


360度集音可能
対応人数

最大15人


最大8人
音質

かなり良い


良い
音量

5W


3W
ノイズキャンセリング
エコーキャンセリング
重量

615g


290g
前作との比較

スペックの部分でも比較しましたがここではより深く比較していきたいと思います。

スピーカー

前作と比べてやはりスピーカーは強化されました。最大音量は3Wから5Wへ。音量はとてつもなく大きくできます。

難点は最低音量から大きいという点です。前作『eMeet M2』では一人での使用であったり狭い部屋での使用でも難なく使えましたが今作『eMeet M2 max』ではそうは行きません。完全に大人数での使用に振り切っているので少人数での使用を考えている方は間違いなく前作『eMeet M2』を選んだほうが良いです。

逆に大きい会議室、大人数での使用を考えている方は今作『eMeet M2 max』のほうが使い勝手も良いと思います。

また、会議にそこまでの音質を求める方がいるのかはわかりませんが音質も比べると今作『eMeet M2 max』のほうが良いです。

Mr.ガジェット
どちらも会議するには全く問題ない音質ですので会議で音楽を流す機会がある方は今作『eMeet M2 max』のほうが良いかもしれませんね!

マイク

感度調節が前より更に良くなったと感じます。大きな会議室での使用を想定しているからか今作『eMeet M2 max』のほうが小さい音に対しても敏感に反応してくれている気がしています

携帯性

前作『eMeet M2』は気軽に持ち運べる重さで、バックに入れても対して気にならない重さでした。ですが今作『eMeet M2 max』はかなり気になるレベルの重さというか、やはり前作と比べるとだいぶ重いと感じてしまいます

Mr.ガジェット
今作『eMeet M2 max』は持ち運ぶというより会議室に常時置いとくなどの使い方のほうが合っている気がします。

エコー&ノイズキャンセリング

前作『eMeet M2』もeMeet独自の音声信号処理技術VoiceIAによるエコー&ノイズキャンセリングはとても良かったですが今作『eMeet M2 max』は更に良くなっています。

対応人数

前作も8人とかなりの人数に対応していましたが今作は15人まで、二台で連結すれば30人まで対応できます。

その他

前作にはなかった3.5mmステレオジャックが追加されました。これによりイヤホンなどで音を聞くことが出来るようになりました。

また、今作は裏面にゴム製の防振用の加工が施されました。

まとめ

eMeet M2 max
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 360度全指向
  • 対応人数がとても多い
  • エコーキャンセリング&ノイズキャンセリングが可能
  • 話し手の方向を自動的に検知してクリアに集音してくれる「位置検出機能」
  • CDと同じぐらい高い解像度の音を出すことができる
デメリット
  • 重くて携帯にはあまり向かない

大きな会議室での使用、大人数での使用に特化したスピーカーフォン『eMeet M2 max』。かなり値が張りますが性能的には業界トップレベルだと感じました。

仕事で大勢で一箇所に集まってweb会議などする機会のある人はかなり値ははりますがケチらずにこれを買ったほうが良いと思います。

また、個人的にはこの『eMeet M2 max』のポテンシャルをより活かすなら無線での接続より有線での接続をおすすめします。

こんな人におすすめ

  • よくweb会議する人
  • 大きな会議室でも難なく使用できるワイヤレススピーカーフォンが欲しい人
  • 音質の良いワイヤレススピーカーフォンが欲しい人

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • 商品の値段、情報などは記事執筆時点での情報です。
  • この情報が誤っていても当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
『eMeet M2 max』のイメージ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次